読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナエとムコスケの新婚旅行        ~in カンクン~

初めてのメキシコ、カンクンでの珍道中を綴ります

カンクン1日目③

いや~サラッと書いたけど

ダラスまでの道のり、ホント辛かったです

おしりと腰が痛くて。

しかも降りてすぐ「トイレ行きたーい!!」

普段トイレ回数多めのハナエが14時間の間に

2回のトイレで耐えたという驚異の記録でした。

 

トイレを終えて、入国手続の窓口に向かう途中で、

国旗?みたいなのが飾ってあったので写真を撮っていたら

強面のおじさんが「エクスキューズミー」って近寄ってきて

「写真禁止です、消去してください」と(英語で)言われました。

ほぉ~厳しい。

 

そしてドキドキの入国窓口へ・・・

「メキシコへ行く人はあっち!」と案内されるままに進み、

何やら機械が何台か置いてある間を通って列に並びます。

先に呼ばれた人が「ノー!ノー!」と言っているので

何か質問されたら「No」って言えばいいのねと心の準備をするハナエ。

「Next!」と呼ばれ、ムコスケさんより先に窓口へ進みましたが

「マシーンで出した紙を提出してください」と言われ、

赤っ恥を搔きながら2人でさっきスルーした機械のところへ戻る羽目に。。。

そのための機械だったのね・・・

出てきた顔写真付きの紙を片手に、気を取り直して再度窓口へ

順調に「ノー!ノー!」と答えていくと突然、

「お金はいくら持ってますか?」と聞かれ、

頭の中テンパって円をドルに直せない!

5万円だから50ドル?!(※500ドル(おおよそ)です)

「フィフティー…フィフティー…」

ドルって英語で何て言うの?!(※ダラーズです)

受付の初老の男性、厳しい顔つきが更に厳しくなっていく~

すると質問を変えてくれました。

が、ヒアリングが出来ない!!

はぅあー英語も喋れないのに外国に来てすみません!!

「っ・・・~~~」

見かねたおじさんが

「$10,000」「?」と紙に書いてくれました。

「ノーノーノー!!」

通してくれました(笑)

 

先に入って後ろのムコスケさんを見ていたら

ムコスケさんも

「フィフティー…フィフティー…」

と言っている。

あのおじさん、この夫婦50ドルしか持たないでアメリカ来たのかと思ったかしら…

 

とにもかくにも、

無事アメリカに入国!

ダラスの空港はとても広くて、どこに何があるかよく分からなかったですが

HISの契約担当の方が海外に不慣れな私たちのために

乗換えの時間に余裕を持たせてくれたので何とかなりました。

 

カンクン行きの出発ロビーでは、また厳しい検査を受けました。

靴も脱いでゲートをくぐります。ペットボトルの水は没収されました。

 

無事に中へ入り、とりあえず小腹を満たそうということに。

本場のマックが食べたい

ということで探すも見つからず、案内所で聞くと

「閉店してしまった」とのこと。

ガーン。日本でも店舗縮小しているが、アメリカでもそうなのか。

 

ガッツリって感じじゃなかったので、ファストフード系を探すと

POPEYES(ポパイズ)というお店くらいしか無かったので

そこへ入ってみることに。

どうやらチキンのお店のようで、四苦八苦しながら少ない英語力で注文。

「スパイシーorノースパイシー」と聞かれたのですがよく聞き取れず

「??スパイシー?」と聞き返したつもりでしたが「OK!スパイシー!」

とスパイシーなやつになりました。。

 

f:id:hanaetomukosuke:20161017152113j:plain

 

食べてみた感じは確かにスパイシーだけど激辛ではなかったです。

ケンタみたいなチキンを想像していたけど、

ものすごい淡泊なお肉で一般的な胸肉より脂肪が少ない。

まわりの衣はすごくカリッカリで、

美味しいけど下手すると口の中を怪我しそうでした(笑)

 

ここでレンタルしたWi-Fiをつけてみますが

なぜかインターネットに繋がらず・・・

でも家族にLINEでメッセージ送ったのは問題なく届きました。

この時点で日本は深夜0時を回っていました。

 

このあと、カンクン行きの航空機に乗り込みます。

 

つづく 

カンクン1日目②

さてさて、無事に飛行機に乗れた2人ですが、

乗り込んで早速、ハナエは驚愕しました。

 

座席・・・狭っ

 

いやいや、覚悟はしてたんです。

エコノミークラスですしね。。

ただ飛行機にはだいぶ長い年月乗ってなかったので

新幹線と同じくらいの余裕はあるかなぁと記憶が歪んでいたみたいです。。

前の席の外人さんがガっ!て座席倒してきて

ジュースの缶が潰れそうになりました。。ひぇぇ~

そしてそのジュースがこちらです

f:id:hanaetomukosuke:20161011125506j:plain

 

ビールとかワインとかあって飲みたかったけど

トイレが心配で我慢。。

 

搭乗から程なくして、最初の機内食

機内食って美味しくないイメージがあるのでこの時点での期待値は低いです。

f:id:hanaetomukosuke:20161014231739j:plain

 

わっ、すごいボリュームですねー

これから14時間動かないってのにどんだけカロリー摂らせるんだ

これは半分残そうかな・・・と思ったのですが

意外と美味しいじゃないか

ぺろりと平らげてしまいました。

 

それから、本を読んだり、寝たりして何時間か後、

2回目の機内食、登場。

 

f:id:hanaetomukosuke:20161014232427j:plain

 

ハムチーズサンドでした。

これもわりと美味。

 

窓の外はいつのまにか真っ暗になってました。

f:id:hanaetomukosuke:20161014233120j:plain

 

 

そしてまた何時間か後、最後の機内食

f:id:hanaetomukosuke:20161014233335j:plain

 

サーモンのすり身みたいなのでした。

これも普通に美味しかったです♪

 

外を見ると・・・

f:id:hanaetomukosuke:20161014233629j:plain

 

明るくなってる!

下にはダラスの町が見えます!!

 

やった~!もうすぐ着くぞ~

 

 

つづく

カンクン1日目①

9月7日水曜日。

朝4時半起床。出掛ける準備で大忙しです。

6時過ぎに無事、家を出発。

日暮里乗り換えで成田に向かいます。

鈍行で行くとかなり距離も時間もかかるので

スカイライナーを利用しました。

初めて乗ったのですが、かなり快適でした。

とはいえ、一人2,470円(乗車券+ライナー券)。

節約優先する場合は、自宅を早めに出発することをお勧めしますね。

 

成田に到着後、チェックイン。

まず前もって発送しておいたスーツケースを受け取り、手荷物預け。

レンタルしたスーツケースが、もう早速薄汚れてきています・・・

これからの長旅、大丈夫かな。。若干不安。

 

お次は向こうで使う金銭の両替。

メキシコはメキシコペソという通貨になるのですが、

カンクンは観光地なのでUSドルが使えるとのこと。

事前に調べたサイトによると、日本円とメキシコペソは両替レートが悪いため、

損をしてしまいがちだそうです。そのため、無難なUSドルにしました。

しかも成田空港ではたくさんの両替所があるんですね。

どこも同じレートかと思いきや、、、全然違うんですよね!

いやーんどこで両替すればいいの~!教えて誰か~!!

と検索すると、なんとそういうことをきちんと

検証した方がいらっしゃるんですね~天才!!

 

上位2件の千葉銀行、GPA。それぞれ検索してレートチェック。

おかげさまで迷わず向かったのがGPA。

5万円両替で、473ドルでした。

 

無事、現地通貨も手に入れ、お腹が空きつつありますが、

思いのほか時間が無いので間髪入れず、予約したWi-HOの受け取り。

あれ・・?めっさ並んでるやん!!!

時間あんま無いんですけど???

ドキドキハラハラするハナエ・・・

何故なら・・・ハナエ飛行機に乗る前に買いたいものがあるんです。。。

そう、、時計を忘れたんです!!

ティラリ~(古いか)

 

もう!あんなに持ち物チェックしたのに!!

ハナエのばかばか!!

ということでWi-fiを無事受け取ると

今度は時計が売ってそうなお店を練り歩き、

間に合わせなので1,000円くらいの安いやつでいーや、と思うのですが、

そんな安い時計なかなか無い・・・

むしろ必要に駆られて買う人向けにちょっと高めの値段設定になってる・・

仕方なくPLAZAで2,700円の時計を購入。

とにもかくにも、これでホッとひと安心だ~

 

ちょうど時間になったので出発ゲートに入ります。

あっ、あれに乗るんだ!

 

f:id:hanaetomukosuke:20161011133756j:plain

 

もう搭乗開始しているようですが、ギリギリまで粘るハナエたち。

売店で小腹を満たすためのおにぎりや、

向こうで日本が恋しくなった時のためのカリカリ梅などを購入。

 

そしておにぎりを必死で頬張って、さぁ搭乗だって直前に

ハナエ、スマホで、自分の母親とムコスケさんのお母さんに連絡したんですよ。

「今から乗るよ」って。

それがいけなかったのか、搭乗ゲートくぐったら

「奥様はこちらへ」

と突然ムコスケさんと引き離され。

あ~れ~と入念にボディチェック、靴も脱がされ、

荷物もガッサガッサとひっくり返され。

テロリストと間違えられたんでしょうか・・・

でもなんとか疑いは晴れ、ムコスケさんと再会(涙)

  

無事2人揃ってダラス行きの飛行機に搭乗することができました!

 

つづく

いざ、カンクンへ!

さあさ、そんなわけで旅行先はカンクン5泊7日に決定!

アニヴェルセルみなとみらい横浜で結婚式を挙げてから約4か月。

やっとこさ新婚旅行の行き先が決まりました~パチパチ。

 

とはいえ海外旅行は不慣れなハナエは、何から準備したらいいのか

右も左も分からない状態です。

ムコスケさんは独身時代様々な国に行った事があるようですが、

ハナエはむかーし昔、韓国と中国に行ったことがあるくらいです。

韓国は時差なし、中国は1時間時差があるだけ。

それに比べてカンクンの時差は14時間。

時差ボケとかもどんななのかピンとこない感じです。。

 

まぁでもとりあえず手荷物から準備だよね。

うんうん。・・・ん?

ぁあっ!!うちにはスーツケースがないんだった!!

実家にいた時は家族と共用だったから。。

とはいえ、買ったところでそんな大きなもの仕舞うところもない。。

しかーし!!

今は便利な「レンタルスーツケース」というものがあるんですね。

調べたらレンタル会社も色々なところがあるんですが、

HISから渡された資料一式の中に割引券が入っていた「マイレンタル」

というところが安くて、問い合わせた時の感じも良かったのでそこに決定。

汚いのが届いたら嫌だなーと思ったので最新式のを頼みました。

それでも実物見るまでは、どれくらいの使用感のものが来るのかドキドキ・・・

が、届いたら想像以上に綺麗で清潔感もあり、大満足でした!

 

それでは早速荷物を詰めていきましょう!

持ち物はムコスケさんがリスト化してくれました。

・パスポート・筆記用具

・お金・クレジットカード

・デジカメ・充電器類・変圧器

・服・下着・靴下

・シャンプー・トリートメント・ボディソープ・ハブラシ・洗顔・化粧品類

(ホテルのアメニティには期待しないよーに!)

・時計・アクセサリー類

・帽子・サングラス・日焼け止め・虫除け・雨具

・水着・サンダル

 ・薬類(酔い止め・痛み止め・下痢止め・かゆみ止め・風邪薬)

・ハンカチ・ティッシュ・ウェットティッシュ

・フライトグッズ

(寒さ対策の長袖・ネッククッション・アイマスク・マスク・

スリッパ・エコノミー症候群対策靴下)

 

そんな感じですかね~

あとは向こうで使いそうなバッグとか靴とか、

念のためにパスポート紛失時用の顔写真とか持っていきました。

男性は髭剃りとか必要かもしれないです。

ドライヤーは宿泊したジラーラにはありました。

カーラーとかこてが必要な方は持参してください。

 

次にポケットWifiの手配。

Wi-HOというところが一番安かったのでそこにすることに。

これがまた初めてのことで知らなかったのですが、

Wi-HOは出発の3日前までに要事前予約なんだそうです。

今回はたまたま3日前に気付いてギリギリセーフだったんですが、

それを超えたら他にも当日申請OKのレンタル会社があるみたいなのでご安心を。

ちなみにWi-HOは7日間で1台13,000円くらいでした。

 

そして、今回カンクンに行くにあたって、アメリカのダラスを経由するので

ESTAの登録をしなくてはなりません。 ESTAとは?

電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)の略で、

90日以内の滞在目的で旅行する場合(米国における乗り継ぎ含む)、

ビザは免除されますが、ESTAの登録は義務となっているそうです。

ふむふむ・・・なんかめんどくさ・・・

あとにしよう!と思って、後回しにしていたら、

ムコスケさん登録してくれました!

いやーん頼りになるぅ~!と思ったのも束の間。

このESTA、通常米国のHPから登録すれば、14ドルの登録料なのですが

代行業者なるものが存在するんです。

ムコスケさん、すっかりネット社会のマジックに翻弄されまして

まんまと代行手数料含む6,700円×2人分で申請

してんじゃないのよォォオーーー

ハナエ 激おこ。

慌てて間違いである旨、業者に連絡しましたが、時すでに遅し。

というか本当に登録してすぐ、ソッコー連絡したんですが、

なんかもう秒速処理ソフトでも使っていらっしゃるのか、

「もう登録済です。キャンセルはできかねます」

ということでした。

こちらも確認不足だったので仕方ありません。

そこはもう潔く諦めるしかありませんでした。。。

 

さてさて気を取り直して、出発の前日。

座席を確かめるためにアメリカン航空のHPをチェック。

しかし、「予約番号」が分からず。

HISから届いた案内表に書いてある中にはそれらしきものが無かったので

問い合わせたら、電話で口頭にて教えてくれました。

そして無事ログイン。・・・ん?

ムコスケさんが「えっ帰りのカンクンからダラス座席予約されてないんだけど」

「えっ隣同士の席もう無いんだけど!」と矢継ぎ早に叫びます。

「うそっ!?」と言いながら再度HISの電話を鳴らし始めるハナエ。

事情を説明すると、スタッフの返答は、

「成田発着以外のフライト分は

隣同士のお席が確約できない旨、

パンフレットに記載しております」

 

・・・

「は?」

対応してくれたスタッフの方によると、旅行会社の方で座席手配するのは

国内の空港の発着分だけであって、海外の空港~海外の空港分は

手配の義務が無いということでした。

隣同士の席が良ければあとはお客様の方で勝手にやってください~ってこと?

何それ!!知らないんですけど!!言ってよ!

えっとじゃあなぜ往路のダラス~カンクンは座席が確保されているのですか?

「それは手配した者がサービスでやったのでしょう」

・・・

なんだその中途半端なサービス?!

 

あ、あのえっと、パンフレットそんな端から端まで見ろと・・?

じゃなくてもそういうことはみんながみんな慣れてるお客様ばかりじゃないし

契約の際にひとこと言った方がいいと思いますけど?

「有り難いご指導恐れ入ります」とか言われながら

ボーゼンとして電話を切るハナエ。

「なんかパンフレットに書いてあるって・・」

そんな分かりやすいところに書いてあったのかと思い、

予約時に貰ったパンフレットを引っ張り出して見直すも、

・・書いてない、書いてない書いてなーい!!!

書いてねぇし!!

と思ったら、一番後ろの「お申込み前のご案内とご注意」って

契約書みたいにバーッて細かい字でいっぱい書いてあるページに

めっちゃ探したらめっちゃ小さく書いてあったんです。

しかもすごい分かりづらい言い回しで。

言われて探したから、「多分これのこと?」みたいな感じ。

多分事前にここ読んでたところで意味理解していたかは謎です。

 

幸い(?)有料席で隣同士の席が1か所空いていたので、

追加料金を払ってなんとか隣同士の席で落ち着くことが出来ました。

だって新婚旅行なのに、バラバラの席なんて嫌ですよね・・・

 

母親に電話して話したら、

「だからいつもお父さんが 交通公社にしなさい

って言ってるじゃない」ってそういう問題なのか・・・?

 

そんなこんなで、かなりドタバタの旅行準備!!

なんだかんだでもう出発だ~!!

旅行先はどこにする??

結婚してふたりで初めての海外旅行!

ハナエとムコスケさん、行きたい場所がイマイチ絞れず、

「とりあえずエイチ・アイ・エスに行こう!」

ということになりました。

 

旅先候補はバラバラ。

ハワイ、モルディブニューカレドニアタヒチ

バイ、ニューヨーク、ロサンゼルス・・・

 

まとまらないので旅行会社のスタッフさんにそのまま相談しました。

とっても親身になってくださる方で、色々指南してくれましたよ~

 

そして決定したのが、、、

メキシコの ンクン

 

ハナエはわりとリゾート寄りの場所を希望していて、

ムコスケさんは観光もしたいなっていうお互いの意見を擦り合わせると

青い海のあるリゾート地であり、マヤ遺跡の観光も出来るカンクン

いいと思いますよ~ってスタッフさんが教えてくれたのが決め手でした。

 

現地はスペイン語圏。

ただしホテル内は英語も使えるとのこと。

だけどハナエとムコスケさんは2人とも英語がロクにしゃべれません!

さてさて、ハネムーンの行く末やいかに?!